ネット婚活ビジネスはパソコン一台でできるリスクの少ないサイドビジネス

ネット婚活ビジネス

サイドビジネスとしてもおすすめなネット婚活ビジネスについてまとめました

晩婚化の国へネット婚活ビジネスは海外輸出も期待できる

読了までの目安時間:約 4分

日本では晩婚化が進んでいます

最近の日本においては初婚年齢がだんだんと高くなってきており、いわゆる晩婚化が進んできていると言われています。 

 

昔は男性も女性も大学を卒業してすぐに結婚するというような風潮がありましたが、今では30歳前後で結婚するというような風潮になっているのです。

 

経済的な不安が理由として挙げられます

 

晩婚化が進んできている理由にはお互いの男女が経済的な不安を抱えているということがまず一つの理由として挙げられます。今後の日本においては経済の発展が期待出来ない限り、未婚者はどんどんと増加していくだろうとも言われているのです。

 

実はこのような少子高齢化問題は日本国内だけで無く、海外においても一部の国においてはかなり深刻な問題となっているのです。

 

アジアの台湾やシンガポールなどの国でも晩婚化が問題になっています

 

アジアにおいては台湾やシンガポールなどの国において婚活サービスが盛んになっているようで、特に台湾の場合は世界最低の出生率を記録してしまったというような現象も問題となっているようです。このままいくと高齢化がさらに加速度的に進行していくとも言われているようです。

 

台湾でも最低賃金の安さが問題となっています

 

台湾の場合も最低賃金の安さがかなり深刻な問題となっており、子どもを育てるということもかなり大変だと感じている方が多いそうです。

 

台湾の政府もこの少子化問題に対しては深刻に考えているようで、七夕バレンタインデーの「プロポーズ大作戦」イベントや、児童手当などの政策、またお見合いイベントなどの宣伝や、有名人によるCMの打ち出しなどを実施しているなど様々な努力をしているようですが、そこまで大きな効果は現れていないようです。

 

ネット婚活ビジネスは海外輸出も期待されています

 

このような内情から考えられることですが、ネットを利用した婚活サービスは日本国内だけで無く、海外においても需要があり、優れたビジネススキームであるならば海外にも輸出できるビジネスモデルであるということが言えます。

 

実際のところは海外においてもニーズが高まっているようで、日本からのネット婚活ビジネスのシステムを教えて欲しいという話しがあり、水面下では少しずつ導入に向けて動いているようです。

 

インターネットビジネスは国境を越えて活躍できる可能性に溢れています

 

インターネットを活用したビジネスはもともとは外国から来たビジネスですが、年々その市場は縮小することは無く広がりを見せています。

 

日本からのネット婚活ビジネスの海外輸出は婚活という隙間市場においてはこれから先の時代において充分にビジネスとして通用していく可能性があると言えるでしょう。

 

ビジネスで成功するには成長期のビジネスに乗っかることと、需要が供給に対して追いついていないビジネスを狙っていくことが得策であるとも言えます。

 

ネット婚活ビジネスのスキルやノウハウを見に付けることは将来の経験として自分の糧になるということを信じて取り組んでもらえたら良いなと思います。

時代の流れにあったサイドビジネスである「ネット婚活ビジネス」の可能性

読了までの目安時間:約 4分

ネット婚活ビジネス」という言葉は聞いたことがありますでしょうか?インターネットを使った副業には実に様々な種類の副業が存在していますが、その中でもこれから伸びる市場として可能性があり取り組む価値がある「ネット婚活ビジネス」について当ブログではこれから解説していきたいと思います。

 

インターネットを使った副業として「ネット婚活ビジネス」はオススメです

 

「ネット婚活ビジネス」とはその名の通り、パソコン一台で完結し手軽に稼げるビジネスモデルとなっており、リスクも少ないことからオススメできるビジネスモデルとなっています。あまり知られてはいないのですが、実は婚活ビジネスの市場は将来的に伸びると予想される巨大な市場であるにもかかわらず、いまだ参入者が少なく、需要に対して供給が追い付いていない市場となっているのです。

 

「ネット婚活ビジネス」はインターネットを使った副業となりますが、パソコンを使ったインターネットビジネス業界は「婚活市場」に関わらず年々右肩上がりで伸び続けている市場となっています。ですので、時代の流れにも合っているビジネスだと言えますし、ビジネスにかかる初期コストや、失敗したときのリスクの大きさ、また空いた隙間時間に出来る手間などを考えてもまさに取り組む価値があるビジネスだと言えるでしょう。

 

婚活ビジネスの市場規模は年々拡大しています

 

婚活ビジネスの市場規模ですが、2000年度においては300億円ほどだったと言われていましたが、2007年において「婚活」というキャッチフレーズが誕生した時の調査段階ではなんと2倍の600憶円に拡大したと言われているのです。さらに、注目すべき点としましては、数字では表せない潜在的な顧客のマーケットはそのおよそ10倍以上にも及ぶと言われているのです。

 

 

「婚活ビジネス」と「結婚ビジネス」は似て非なるものです

 

ここで、勘違いしないほうが良い点として、挙式や新婚生活などに関する「結婚ビジネス」の市場は最近ではどんどんとその市場を衰退させていると言われています。「婚活ビジネス」という市場はそんな「結婚ビジネス」の市場とはうって変わり、ビジネスとしての可能性も大きく広がっている市場であると言えます。

 

「結婚ビジネス」は結婚式や新婚旅行などの人生に一度のメインイベントをターゲットにしている市場であり、昨今では低価格挙式なども増えていることから顧客単価の上昇も見込めず、ここ数年においては衰退と低迷を続けている市場となっているようです。

 

しかし、「婚活ビジネス」は再婚や再再婚などのように若いお客様でも、ある程度年齢の高くなったお客様だとしても、結婚を切に希望している男女であればどんな年齢層の男女層でもターゲットになり得るところが「結婚ビジネス」とは異なり注目すべき点だと言えるのです。

 

まさに「婚活ビジネス」はリピーターを狙っていける隙間市場にマッチしている「儲かるビジネス」モデルだと言えるのです。

カテゴリー
最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
2018年7月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031