ネット婚活ビジネスはパソコン一台でできるリスクの少ないサイドビジネス

ネット婚活ビジネス

ネット婚活ビジネスはシステム化により高収入を得やすくなっています


ネット婚活ビジネスはインターネット環境とパソコンさえあればすぐにでもスタートできます

 

いざネット婚活ビジネスをスタートさせるに当たって必要なものについて整理して考えていきたいと思います。

 

まず、絶対に必要となるものにパソコンがあります。もちろんインターネット環境も必要になりますので、しっかりとした通信環境を用意しておくことが大事なことになります。

 

まずは、最低限の備品だけ準備して、事業が軌道に乗ってきたならば必要なものを順次用意していくというようなスタンスでも大丈夫でしょう。

 

最低限の費用でシステムを借りノウハウを学びながら高収入を得ていくことが可能です

 

ネット婚活ビジネスを運営するシステムなどに関しては自分で用意などすると莫大な費用がかかってしまいますので、すでにそういったシステムを運営しているFC展開の加盟店などに自分自身が参加させてもらって初期投資を抑えながらノウハウを学んでいくのが現実的であり、多くの人が実践している方法になります。

 

 

ただし、こういった加盟店に参加するためにはあらかじめFC加盟店本部による審査に合格しなければいけません。審査をパスすることで初めて専用のシステムを使用する権利を得ることができ、かかる初期費用を限りなく抑えて晴れてネット婚活ビジネスをスタートさせることができるようになるのです。

 

ビジネスを軌道に乗せるためにはひたすら会員様を増やすことにフォーカスすることが大事です

 

そして、いざネット婚活ビジネスをスタートさせたならば継続的に利益を出していくように努力していかなければなりませんが、その利益を出す方法も会員様を集めるということにひたすらフォーカスして空いた隙間時間で活動していけば良いのでその点も事業として取り組むには参入しやすくなっていると言えるでしょう。

 

毎月のランニングコストも1万円程度で済みますので、最低人数の目安として3人以上の会員様を継続して獲得することさえ出来れば事業として利益を出し活動を継続させていくことができるようになっています。

 

ネット婚活ビジネスはレバレッジが効く理想のビジネスモデルとなっています

 

しかもネット婚活ビジネスのメリットとしては、会員様の絶対数が増えたとしても、自分の手間暇がほとんどかからず、忙しくなるというようなデメリットを避けることができるということがあるのです。

 

ネット婚活ビジネスはあくまでも最初は空いた時間の副業としてサイドビジネスとして取り組む人が多いと思いますので、自分の普段のプライベートの時間の制約を避けることが出来るという点も素晴らしいアドバンテージだと言えます。

 

 

まとめ

 

ネット婚活ビジネスは既存の結婚相談所の機能をシステム化したことにより、業界未経験者が参入したとしてもやる気と努力次第で高収入をあげやすいビジネスモデルになっているのです。

ネット婚活サービスは既存の婚活サービスとは一線を化した画期的なシステムです


これからの婚活サービスにおいてはユーザビリティ(使いやすさ)が求められてきます

 

現代の時代ではインターネットの普及と共にパソコンやスマートフォン一つあれば欲しいものが欲しい時に手に入る大変便利な時代となっています。そんな便利な時代だからこそ、わざわざお客様に交通費を使わせて結婚サービスを提供している店舗にまで足を運ばせ婚活をさせるというような行動はユーザー目線のサービスからは完全に外れていると言えるのではないかと思います。

 

これからの婚活サービスで生き残っていくためにはお客様のことを考えた使いやすさ(ユーザビリティ)が求められてくるのです。

 

インターネットで店舗を構える「ネット婚活サービス」のシステムは画期的

 

このユーザビリティという観点から考えれば、インターネット上に店舗を構える「ネット婚活サービス」のシステムは忙しい若者にとっても使いやすく、全国どこの地域に住んでいたとしても同じサービスを受けることができることから顧客満足度も高いものを与えられる期待が出来ると言える画期的なサービスになっていると言えるのではないかと思います。

 

今までの結婚相談所においてはそれぞれ専属のコーディネーターが付いてきて、またその各コーディネーター1人1人の実力のほどによって成婚する確率にもバラつきがあったというような事実も否めなかったのではないかと思います。しかし、「ネット婚活サービス」という新サービスならば全国統一されたシステムをただユーザーが利用するだけですので、誰が運営したとしても全く同じサービスを提供することができるようになっているのです。

 

この感覚としてはAIの進歩にも似たような感じがあると思います。まさしく今まで人が全部やらなければならなかった事も統一されたシステムに任せることによって人件費の削減とサービスのスピードを高めて顧客満足度につなげている実例だとも言えるのではないでしょうか。

 

費用面の負担も「ネット婚活サービス」であれば利用者は最低限に収めることができます

サイドビジネスを考えていくうえで成功しやすいビジネスの条件は、お客様の本当に困っている問題を解決してあげられるかどうかにかかっているとも言えます。婚活ビジネスの場合、この問題点のゴールは成婚となるわけですが、従来型の婚活サービスの収益モデルですと、成婚に決してつながらないサービス(例・お見合い、初期費用、月額会費)などだけでもかなり高額な経済的負担がまず最初にユーザーの首を絞めてしまっていたという難点があったと言えます。これでは顧客満足度を得るのはなかなか難しかったのではないかと思いますし、結婚相談所などのサービスが縮小しているのもこのような問題があったからだとも言えるのではないでしょうか。

 

ネット婚活サービスであれば基本的にお見合い料などのプロセス料はかかりませんし、さらに婚活ビジネスのゴールでもある成婚時においても利用者さんが成約料などを特に払う必要性なども無いものとなっているのです。まさしく既存の婚活サービスにおける収益モデルとは一線を化した画期的なシステムになっていると言えるのです。

インターネットをフルに活用したネット婚活サービスはSNS世代の若者にも合っています


SNSの時代にもマッチしている「ネット婚活サービス」

 

ネット婚活ビジネス」ですが、現代の時代の若者のニーズにぴったりと合致しているサービスであると言えます。その簡単な理由ですが、現代の若者のほぼ8割以上の若者がLINEやフェイスブック、インスタグラムやツイッターなどのSNSサービスを利用しているとも言われています。

 

特にツイッターなどはミニブログなどとも言われますが、実際に合ったことがない者同士でも共通の趣味の話題や、今日のちょっとしたとりとめのない会話などをツイッター上の呟きや返信「リプライ」などでコミュニケーションして少しづつ仲良くなっていけるということに若者は楽しみを見出しているようです。

 

また、ツイッターですと、個人情報などを無理にさらす必要も無く、もし嫌な相手などが執拗に絡んできたのならば、ツイッター上の機能でブロックしてしまえばそれ以上無理にコミュニケーションを取らなくてもいいというようなライト感も現代の若い男女にはウケているようです。LINEなどでもブロックという機能は備わっていますね。

 

インターネットを活用した自由気ままな婚活のシステムが今の時代には合っています

 

「ネット婚活ビジネス」にもこれと同じことが言えます!現代の日本社会ではリアルなコミュニケーションよりもちょっと距離を置いたライトなコミュニケーションが求められていて、婚活市場でも相手に決められるままに結婚相手を探すようなシステムでは無く、自分からインターネットを活用して自由気ままにライトな感じで結婚相手を探していくようなシステムのほうが若者たちは合っていると感じているようです。

 

「ネット婚活ビジネス」はこういったシステムを提供する環境を与えてくれますが、費用の面だけを考えてみても従来の「結婚相談所」や「婚活サイト」に比べて若者一人一人の経済的な負担が少なくて済むというような嬉しいメリットもあるのです。

 

また、運営側も責任面などでのプレッシャーなどが少なくて済むと言うようなメリットも感じることができます。それに伴って少ない費用で運営することができて、なおかつリピーターも増やすことができるとなれば、運営側&利用者双方にとってもメリットが感じられるのではないでしょうか。

 

インターネットというマーケティングをフルに活用した「ネット婚活ビジネス」は今まで婚活に興味を示していても高額な費用などがネックで一歩踏み出すことができなかった若者たちも気軽に利用でき、また従来型の婚活サービスにた対して不平・不満を抱いていた人も満足できるような、まったく新しいサービスになっていると言えるのです。

ネット婚活ビジネスは結婚したいのにできない男女に気づきと喜びを与えるお仕事です


ネット婚活ビジネスの市場について

 

副業としてもオススメな「ネット婚活ビジネス」ですが、具体的なターゲット層=狙うべき業種としてはどのようなものがあるのでしょうか?少しばかり解説していきたいと思います。

 

まずは一般的には「結婚相談所」や「結婚情報サービス」というような直接的に結婚するということをゴールにしたサービスが筆頭に挙げられるのではないかと思います。

 

または結婚するための自分磨きの場所を提供しているようなサービス(異性に認められたい男女が男性や女性としての魅力を高めていきアピールしていくのに効果があるサービス)として、エステなど(最近ではブライダルエステなども聞きます)や、料理教室や各種レッスン、サークルやカルチャーセンターなどの業種も当てはまるのではないかと思います。これ以外にもホテルやレストランなどの独身男女同士の出会いから成婚に至るまでをサポートしているような業種のサービスも該当するのではないでしょうか。

 

「ネット婚活ビジネス」はお客様の潜在的なニーズを叶えてあげるビジネスモデルです

 

現代の日本社会においては昔の「お見合い結婚」のような結婚よりも、恋愛結婚や、はたまた社内恋愛のような出会いから成婚へとつながるケースが増えているようなことが多いようです。義務的な結婚では無く、本当にその人のことを理解しあった者同士で結婚するならばしたいというような風潮が今の若者たちには強いのかも知れません。

 

「ネット婚活ビジネス」ですが、そんな若者たちの「本当は結婚したいのだけれどもできない」というような潜在的な欲求に対して、ある程度の条件や多くの出会いの場を提供していき、ニーズに応えていくことで報酬をもらっていくというようなやりがいのあるビジネスモデルとなっているのです。

 

結婚相手に求める男女のニーズには最近のアンケート結果からも面白い傾向が見られます。女性は昨今では「性格が合うこと」や、「思いやり」、「浮気をしない」などの男性の内面の優しさにスポットを当てて結婚できる相手かどうかを判断することが多くなってきているようです。もちろん、「学歴」や、「職業」、「経済力」などのスペックも結婚する時の相手を見るべき条件として重視しているのでしょうが、それよりもずっと一緒に居て落ち着く相手かどうかということが大事な条件へと変わってきているようなのです。あまり男性の外見は女性はそこまで意識していない傾向もあるようです。

逆に男性の場合は女性の「容姿」を一番に見てしまうことが多いようですね。

 

結婚するうえで「経済力」はあくまでも一つの物差しでしかありません

 

いざ結婚へと踏み切るうえでネックとなるのは「経済力」が一番大きな壁となるようです。特に非正規雇用で働いている男性などは「自分自身の収入では大切な彼女や家族を養っていくことはできないのでは」と心配して、結婚へとなかなか踏み切ることができないのが実情のようです。しかしながら、収入というのはあくまでも結婚をするうえでの条件のなかの一項目にしか過ぎないとも言えます。その他の条件を満たしていて、収入が少なくてもこれからの人生を共に歩んでいきたいと思う相手と巡り合うことができたならば、結婚への道は開かれるのだということは全然あることですし、そのことを認識してもらわなければならないのです。

 

「ネット婚活ビジネス」ですが、非常にやりがいがある面白いビジネスとなっており、お客様にも喜ばれ自分自身も学びながらスキルを身に着けていき成長していくこともできる素晴らしいビジネスモデルとなっているのです。

『ネット婚活ビジネス』はリスクも少なく今こそ取り組むべきビジネス


少子高齢化が進んでいる現代の日本社会においては結婚する人たちの割合も少なくなってきてしまっています

 

現代の日本社会は戦後からの統計として、結婚したカップルの総数が最も少ない時代だとも言われています。

 

この理由としては、少子化の流れによって若者の絶対数が減少しているという理由がまず第一に挙げられます。

 

しかしこの少子化の流れに関しては、また違う別の問題が発生しているということも説明したいと思います。

 

働く女性が増えてライフスタイルが変化してきたことも影響しています

 

その別の問題とは若者たち(特に女性)のライフスタイルの変化や、結婚を人生の第一とはしない女性陣の価値観の変化、また社会に出て働くことを生きがいとするビジネスウーマンの増加が大きな要因としてあると言われているのです。まさしく「結婚」を選択しない若者たち(女性)が社会の変化とともに増えてきたことも少子化の流れに繋がってきているとも言えるのです。

 

女性にとって子供を授かって家庭に嫁ぐことが人生の幸せであるという昔からの価値観はもう古い時代に現代の社会はなっているのかも知れません。

 

女性の「結婚観」の変化が如実に現れているのが現代の日本社会ですし、まさしく現代の女性は自分自身の人生を歩んでいると言えるのではないでしょうか。女性たちも皆「なんのために結婚をするのか」という明確な理由が無くなってしまったのではないかと思います。

 

結婚する人の割合は減ってしまっていますが、結婚したい人の割合は減っていないという面白いデータがあります

 

しかし、女性のこの気持ちの変化とは裏腹に、未婚の男女の結婚したい人のデータの割合は減ってはいないという面白いデータもあるのです。まさにここにこそ『婚活ビジネス』のビジネスチャンスが潜んでいるのではないかと思います。

 

実は未婚の若い男女のうちのほとんど(90%)が「いづれは結婚するつもり」と国立社会保障の人口問題研究所のアンケート調査で回答していることも調査結果として分かっているのです。つまり「結婚をしない」という選択肢が増えていても潜在的にはみんな結婚をしたいと思っているのが現代の日本社会の構造となっていると言えるでしょう。

 

若者たちも「また若すぎるために結婚しない」と余裕を持っていた数年後には「結婚したいのにできない」という状況に陥ってしまうシチュエーションに悩まされているケースが多いようです。

 

まさに現代の時代の『婚活』のムーブメントの背景には「積極的な活動をしなければ結婚できない」というような現代の複雑な結婚事情が潜んでいると言えるのではないでしょうか。

 

現代では日本人男性のおおよそにして5人に1人が生涯未婚であるとも言われています。

 

「婚活」という言葉は意外なことに最近生まれた言葉だったのです

 

『婚活』という言葉ですが、実は意外なことに初めてこの言葉が登場したのは2007年だという事実があります。

 

独身の男女に『婚活』が広まるにつれて、結婚支援サービスのビジネスのニーズも高まってきて現代の日本の社会においては徐々に確立されてきたと言えるでしょう。

 

「ネット婚活ビジネス」は下りのエスカレーターに乗るような成功確率の高いビジネスモデルと言えます

 

サイドビジネスとしてインターネットを使った副業としてオススメな『ネット婚活ビジネス』ですが、これからまだまだ伸びしろがあるネットビジネスだと言えます。

 

必ず「儲かる」とまでは断定出来ませんが、ビジネスの参入障壁としてはリスクも少ないですし、是非にでも興味があれば取り組んでもらいたいと思います。

時代の流れにあったサイドビジネスである「ネット婚活ビジネス」の可能性


ネット婚活ビジネス」という言葉は聞いたことがありますでしょうか?インターネットを使った副業には実に様々な種類の副業が存在していますが、その中でもこれから伸びる市場として可能性があり取り組む価値がある「ネット婚活ビジネス」について当ブログではこれから解説していきたいと思います。

 

インターネットを使った副業として「ネット婚活ビジネス」はオススメです

 

「ネット婚活ビジネス」とはその名の通り、パソコン一台で完結し手軽に稼げるビジネスモデルとなっており、リスクも少ないことからオススメできるビジネスモデルとなっています。あまり知られてはいないのですが、実は婚活ビジネスの市場は将来的に伸びると予想される巨大な市場であるにもかかわらず、いまだ参入者が少なく、需要に対して供給が追い付いていない市場となっているのです。

 

「ネット婚活ビジネス」はインターネットを使った副業となりますが、パソコンを使ったインターネットビジネス業界は「婚活市場」に関わらず年々右肩上がりで伸び続けている市場となっています。ですので、時代の流れにも合っているビジネスだと言えますし、ビジネスにかかる初期コストや、失敗したときのリスクの大きさ、また空いた隙間時間に出来る手間などを考えてもまさに取り組む価値があるビジネスだと言えるでしょう。

 

婚活ビジネスの市場規模は年々拡大しています

 

婚活ビジネスの市場規模ですが、2000年度においては300億円ほどだったと言われていましたが、2007年において「婚活」というキャッチフレーズが誕生した時の調査段階ではなんと2倍の600憶円に拡大したと言われているのです。さらに、注目すべき点としましては、数字では表せない潜在的な顧客のマーケットはそのおよそ10倍以上にも及ぶと言われているのです。

 

 

「婚活ビジネス」と「結婚ビジネス」は似て非なるものです

 

ここで、勘違いしないほうが良い点として、挙式や新婚生活などに関する「結婚ビジネス」の市場は最近ではどんどんとその市場を衰退させていると言われています。「婚活ビジネス」という市場はそんな「結婚ビジネス」の市場とはうって変わり、ビジネスとしての可能性も大きく広がっている市場であると言えます。

 

「結婚ビジネス」は結婚式や新婚旅行などの人生に一度のメインイベントをターゲットにしている市場であり、昨今では低価格挙式なども増えていることから顧客単価の上昇も見込めず、ここ数年においては衰退と低迷を続けている市場となっているようです。

 

しかし、「婚活ビジネス」は再婚や再再婚などのように若いお客様でも、ある程度年齢の高くなったお客様だとしても、結婚を切に希望している男女であればどんな年齢層の男女層でもターゲットになり得るところが「結婚ビジネス」とは異なり注目すべき点だと言えるのです。

 

まさに「婚活ビジネス」はリピーターを狙っていける隙間市場にマッチしている「儲かるビジネス」モデルだと言えるのです。

カテゴリー
最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
2018年4月
    5月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30