ネット婚活ビジネスはパソコン一台でできるリスクの少ないサイドビジネス

ネット婚活ビジネス

サイドビジネスとしてもおすすめなネット婚活ビジネスについてまとめました

結婚相談所よりもフィーリングを重視したネット婚活サービス

読了までの目安時間:約 4分

Pocket
LINEで送る

結婚相談所の成婚率はわずか10%というデータがあります

 

経済産業省の調査結果に面白いデータがあるようです。高いお金を払って結婚相談所を利用した人のなかで晴れてめでたく結婚まで辿り着くことができた人の割合ですが、わずか10パーセントのみというようなデータがあるようです。(男女それぞれの平均値による)

 

推奨しているネット婚活サービスと比較すると既存の結婚相談所はかなり高いお金を払っているという事実があるにもかかわらずなかなかお客さんの満足を得ることが出来ていないと言えるでしょう。

 

結婚相談所の成婚率が低い理由とは?

 

しかし、何故、結婚相談所の結婚に至るまでの割合はこんなにも低いデータとなっているのでしょうか?

この原因について少しばかり考えていきたいと思います。

 

統計的に見ると結婚相談所に入会している人たちの傾向としてかなり高い理想を掲げすぎていて、自ら結婚までのハードルを高く設定しすぎているというようなことがあるようです。これは一般の結婚相談所を利用していない人たちと比較してのデータになるようです。

 

特に女性の場合ですと、一般の未婚女性と比較した場合、年収の最低下限値をかなり厳しめに見る傾向にあるようです。これは、一般の女性と比べて高いお金をお支払いして結婚相談所を利用しているのだから少しても理想の結婚に近づきたいというような気持ちの表れかも知れません。

 

理想よりもフィーリングを重視すると結婚までの道が近づくことが心理学的にも実証されています

 

結婚に少しても早く近づきたいという場合には、年収や職業などの条件で相手を検索するよりも、フィーリングを大事にしていったほうが良いというようなことが結婚に向き合ってきたプロの専門家の口からも語られているようです。

 

心理学の実験結果においても実は男女のフィーリングの妙については興味深いデータが出ているようです。

 

女性の男性を見る目はわずか0.5秒で決まるそうです

 

動物学的な話しにもなりますが、女性という生き物は初めて会った男性に対して、その男性の子供を産むことを望んでいるのか否かということをわずか0.5秒という一瞬の時間で判断をくだしているようです。

 

その場合、やはりフィーリング重視ですから、年収などの目に見えない条件に関しては完全に関係なくなっているようなのです。

 

結婚式場に来たお客様にアンケートを取ってみたところ、いろいろ考えた結果として最終的にフィーリング重視で相手を選び結婚に至ったという人が半数以上を占めていたようです。

 

まとめ

 

推奨するネット婚活ビジネスのサービス内ではインターネットを使ったウェブカメラのお見合いなどを利用して非常に低価格でお相手を見つけられるシステムが整っています。まさしくフィーリングという人間の直感を大切にしているシステムだと言えますし、実際に成婚というゴールもかなり多く出ているようです。

 

その為、ビジネスとして取り組んだとしても自信を持って行動していけますし、積み上げ式に高収入を得ていけるシステムにもなっているすでに実績者が多く出ている成功しやすいシステムになっているのです。

Pocket
LINEで送る

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

CAPTCHA


カテゴリー
最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930