お金や日常生活にまつわる知っておきたい情報をお届け!

栄養ドリンクは医療費控除の対象になる?国税庁ホームページや3つのサイトが参考になります!

栄養ドリンクは医療費控除の対象として認められているのか解説

栄養ドリンクですが、ケースバイケースとなります。栄養ドリンクには医薬部外品、第2類医薬品、第3類医薬品などの種類があります。このうち医薬部外品は「医薬品」ではないので、医療費控除の対象外です。

 

有名なリポビタンDは医薬部外品ですので対象にはなりません。栄養ドリンクにもさまざまな種類があって、第2類もしくは第3類医薬品ならば医療費控除が受けられます。

『リポビタンDロイヤル』や『チオビタゴールド2000』などがこれにあたります。

 

栄養ドリンクを購入するときには、医薬品であるかそうでないかを確認しておくことが大切です。まとめると、「医薬品」であることが1つの条件、さらに病気や怪我の治療のために使用することがもう1つの条件です。

 

一般的に医療費控除の対象となるのは、治療又は療養に必要で、実際に支払った医薬品の費用です。代表的な具体例は「風邪を引いた場合の風邪薬」となります。

ただし、風邪の治療のために購入したとしてもビタミン剤は対象外です。

 

なぜなら、ビタミン剤は一般的に風邪の予防や健康目的で使用されるからです。病気の治療のために使ったのか、それとも健康や美容目的で使ったのかが重要ポイントの1つです。

 

さらに、病気のために使ったのだとしても、一般的に病気の治療のために使用されるものである必要があるということです。

目薬や湿布薬、頭痛薬、胃腸薬なども医療費控除の対象とできます。目薬は健康のためにさすことも多いので、対象となるのは意外かもしれませんね。

スポンサー リンク

栄養ドリンクの医療費控除の条件について解説しているサイトは国税庁のホームページ以外にも3つがオススメです

栄養ドリンクの医療費控除の条件について解説しているサイトですが、一番信頼できるのは公的な機関が運営しているサイトです。

 

国税庁のホームページにある「医療費控除の対象となる医療費」というページが役に立つと思われます。

 

個人が運営しているサイトは情報が古いこともあるので注意しましょう。また、個人が運営しているサイトは素人が書いているため、情報が間違っている可能性もあります。公的な機関が運営しているもの、会社が運営しているもの、個人が運営しているブログなどの順番で信頼性が落ちていきます。

国税庁のホームページは情報が新しく一番信頼できますが、難しく書かれていることが欠点でしょう。漫画や写真を使用してわかりやすく解説しているサイトのほうが一般人向けです。そこで、次に会社や事務所が運営しているサイトを調べてみましょう。

 

会計事務所・税理士事務所が運営しているサイトで「ドリンク剤は医療費控除できる」というページなどがあります。最近では個人が運営しているサイトやブログでも、画像をふんだんに利用してとてもわかりやすく解説しているところがあるのであなどれません。

 

グーグルなどの検索エンジンで上位に来ているサイトなら個人運営でも信頼度は高いです。

 

「医療費控除、ドラッグストアの風邪薬もOK。リポビタンD、チオビタドリンクは?」

 

「医療費控除を徹底解説!実は申請対象にできる医療費とは?」

というページなどがわかりやすくておすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA