お金や日常生活にまつわる知っておきたい情報をお届け!

医療費控除の申請用紙の無料ダウンロードなら確定申告書作成コーナー★国税庁ウェブページ

医療費控除の申請用紙(必要書類)ですが、インターネットを使って自宅に居ながら無料でダウンロードすることが可能です!また、パソコンが苦手な年配の方などでしたら役所などで直接お受け取りすることもできます。医療費控除の申請用紙のお取り寄せ方法などについて簡単に分かりやすく説明していきますね!

 

医療費控除の申請用紙は自宅にいながら国税庁の確定申告書作成コーナーにて無料でダウンロードできます

医療費控除の明細書や確定申告書をインターネットから入手する方法について

医療費控除の申請用紙ダウンロードパソコン

2019年の2月〜3月における現在ではパソコンさえあれば、国税庁のウェブサイトにある『確定申告書作成コーナー』を利用して医療費控除の申請用紙を簡単に家に居ながら無料でダウンロードすることができます!

インターネット上で作業ができるようになっていますので24時間いつでもサーバーからアクセスできるようになっているのも便利です。

国税庁の確定申告書作成コーナー

国税庁のホームページから医療費控除の申請用紙をダウンロードできるURLはこちらになります💁‍♀️

https://www.keisan.nta.go.jp/kyoutu/ky/sm/top#bsctrl

 

オフライン(パソコンを使わず直接取りにいく)上で医療費控除の申請用紙を請求する方法

地元にある近くのお役所や税務署の窓口まで足を運んでも大丈夫です

 

医療費控除の申請用紙ですがパソコンが苦手な高齢者の方や年配の方であれば直接近くにあるお役所や税務署の窓口まで取りに行っても良いでしょう。

医療費控除の申請用紙の雛形などを職員さんなどにたずねればもらうことができる筈です。

特に確定申告の時期は大変込み合いますので、ある程度余裕を持って訪れるようにしたほうが良いでしょう。

もしも余裕があればあらかじめ電話などをしておくことによって混み合う時間帯などを聞いておくとよりスムーズに申請用紙をもらうことができるでしょう。

スポンサー リンク

医療費控除の申請期限について

医療費控除の申請期限ですがその年の3月15日までとなっていることには要注意です!

ですので直前になって慌てることのないように事前準備をしっかりとしておくことが大事になってきます。普段から領収書やレシートなどは管理しておき大事に取っておくようにしましょう。医療費控除の還付を受けるにあたっては自分の住んでいる管轄の税務署などに医療費をとどこおりなく支払っている証明ができる書類の提出が必須事項となります。

確定申告書作成コーナーなどをインターネットを利用しつつ上手く活用していきましょう。

 

医療費控除の電子申請について

医療費集計フォームをインターネットからダウンロード

医療費控除の申請ですが、電子申請する際にはインターネット上から『医療費集計フォーム』というものも合わせてダウンロードして使っていくと便利です。

『医療費集計フォーム』はWindowsパソコンなどに搭載されているExcel(エクセル)やOpen Officeなどの俗に言う表計算ソフトと連動して開くことができるようになっています。

あまりこういった計算ソフトに慣れていらっしゃらない方であっても自宅のオフィスなどの作業場所で領収書などを横に置きながら手打ち感覚で感覚的にサクサクと医療費控除の電子申告の作業を進めていけるのがメリットとなっています。

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/shinkoku/tokushu/h30_iryouhi-download.htm

 

医療費控除の電子申請に必要なもの

医療費控除の電子申請をするにあたってはあらかじめ用意しておくべきものがあります。

特に『マイナンバーカード』と『カードリーダー』の2つが準備されていればインターネットに繋がったパソコンなどを利用して家にいながらオンライン上で電子申告を完了させることが可能になります。

こちらの方法であれば忙しいサラリーマンの方や昼間働いていらっしゃる会社員の方でも税務署まで足を運ばなくても良いのでオススメです!

さらに平成30年度からはパソコンからの申請に加えてスマホからでも医療費控除の電子申請を済ますことがよりカンタンになりました。

その際には事前準備として2つの番号を税務署に登録しておくようにするのが必須となっています。

2つの番号は『暗証番号』と『利用者識別番号』となりますが、これらの番号に関してましては近くにある税務署にて登録するやり方などについて案内してもらえるようになっています。

もしよく分からなければ実際に近くの税務署まで足を運んでみるか、電話などで手続きの方法などについて聞いてみるといいでしょう。

スポンサー リンク

医療費控除の申請に必要な書類一覧

医療費控除の申請をするにあたって実際に必要になる書類一覧には次のようなものが挙げられます!もしも用意していなければ揃えておくようにすると手続きをスムーズに進めることができることでしょう。

  1. 確定申告書の様式一式
  2. 医療費通知に記載がない通院のための交通費の領収書
  3. 勤務先からもらった源泉徴収票
  4. マイナンバーの本人確認書類の添付台紙

医療費控除の明細書について分かりやすく説明します

「医療費控除の明細書」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?こちらは2018年度頃(平成30年)からの医療費控除の制度の見直しに伴って導入された新しい書類になります。この「医療費控除の明細書」を活用することによって領収書(ドラッグストアーや病院などで渡されたもの)などの提出が不要になったのが大きな違いです。

分かりやすく言ってしまえば「医療費控除の明細書」の登場によってこれまでよりもよりカンタンに医療費控除の申請ができるようになったということです。

「医療費控除の明細書」の一覧は医療を受けた場合にその年(1年間)の合計の医療費などを簡易的に記帳しているものです。たいていの場合は医療を受けた人が自分自身で集計してデータに収めているものとなっています。

医療費控除の明細書の代わりになるものはある?

一般的に「医療費控除の明細書」の代わりになるものとしてはサラリーマン(会社員)の方などであれば健康保険組合を通して「医療費通知」を渡されているケースであればそちらを代用して使っていくことが可能になっています。このシチュエーションの場合ならばわざわざ申告する人自身が「医療費控除の明細書」へと書き込まなくてもOKとされています。

医療費控除の区分の項目について

医療費控除の区分の項目は似たような項目もたくさんあるので間違えないようにしてしっかりとその内容について理解しておくようにしておくのも大事になります。主なものとしては「医薬品購入」、「介護保険サービス」、「診療・治療」などがありますのでまぎわらしいこともありますが落ち着いてチェックを付けていくようにするのが得策です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA