お金や日常生活にまつわる知っておきたい情報をお届け!

医療費控除は無職でも確定申告が必要なパターンも!申請のタイミング

無職の方でも無職になったタイミングによっては確定申告をすることによって医療費控除を受けることができます!知っていると知らないとでは思わぬソンをしてしまうこともあるのです(汗)無職の方でも知っておきたい知識について分かりやすく説明しますね。

医療費控除の確定申告は無職の人にとっては意味があるのかないのか解説します

まずは医療費控除がもらえる条件について確認しておきましょう

今、現在、無職の人であっても無職になったタイミングによっては医療費控除を受けるために確定申告をする必要があるパターンもあります!まずはどんな時に医療費控除が受けられるのかどうかその条件について以下に説明をしますね。

以下引用:

医療費控除は、1月1日から12月31日までの1年間に支払った医療費が10万円(総所得金額等が200万円未満の人は、総所得金額等の5%)を超えた場合に受けられます。

そこで、まずは生計を一にする家族全体の医療費がこの額を超えているか確認が必要です。

ほとんどの健康保険組合は、「医療費通知」「医療費のお知らせ」などの書類を送ってくれるので、この書類で今年支払った医療費の額をおおむね確認できます。

「医療費通知」の内容以外でも、通院にかかった交通費なども医療費控除の請求ができることがあります。これらの金額も加えて、10万円を超えていれば医療費控除の申請が可能です。

 

無職の人でも医療費控除のために確定申告をしなければならないパターンについて説明します

まず、医療費控除というのは1年間において10万円以上の医療費が発生した場合に、確定申告時に申請をすれば税金の控除が受けられるというものです。

この10万円の医療費には病院に行くために使った交通費なども含められると考えられています!

 

無職で1年間の収入が無いという方の場合にはそもそもの収入がないため税金を支払うという事もないため、医療費控除の申告をしても意味が無いと思いがちです(汗)。

しかしながら自分が無職だとしても生計を共にする家族全体の医療費が10万円を超えている場合ならば家族の方に申請してもらうのを忘れないようにしておかなければなりません!

 

また、よくある勘違いをされている方のケースでは、医療費控除は申請すれば支払った医療費分が全額戻ってくると思っている人もいるようです。

 

しかしあくまでも支払った医療費に応じて税金の一部が控除で戻ってくるという事になっていますのでそちらについては注意が必要です。

医療費控除を受けることができる金額の条件ですが2つのパターンがあります

ちなみに医療費控除が受けられる金額のケースについては主に2つのパターンがあります。

 

1つ目ですが年間に支払った医療費が10万円以上の場合になります。

 

2つ目ですが総所得金額が200万円未満の人の場合になりますが、支払った医療費が総所得金額等の5%を超えた場合というのが条件としてあらかじめ決められています。

スポンサー リンク

医療費控除の確定申告ですが家族でまとめて申請することも可能です

医療費控除ですが生計を一緒に営む家族の分をまとめて申請することも出来ますので、無職の方がたとえば扶養に入っているという事であれば無職の人の分も合わせてまとめて請求をしてもらうことも可能です。

 

ちなみに所得税は累進課税のシステムになっているため、家族の中で1番所得が多い方が医療費控除の申請をするほうが税金を減らすことが出来る可能性も高くなるということを豆知識として覚えておくと良いでしょう。

 

なお、生計が一緒というのは、必ずしも同居が求められているという事でもなく、一人暮らしをしている大学生のお子さんがいたり、単身赴任の父親の分という事でも、まとめて医療費控除の申請を行うことが出来るというのも重要なポイントです。

 

家族もいなく、なおかつ一人暮らしで1年間無職である場合には、基本的に完全に無職であった1年間については医療費控除を申請して確定申告をする意味はないと言うことになってきます。

無職の人でも1年の途中で無職になった場合には確定申告することで医療費控除が受けられます

そもそも、大前提として医療費控除のシステムとしては支払った所得税などの税金が控除されて還付されるというシステムですので、無収入の方が申告をしても、もちろん全く戻ってくることは有りませんので意味がないと言えます。

 

しかし、無収入になったばかりで前年度の所得が反映されているという場合には、その年の確定申告をすることになりますので、今の段階で無職であっても、何年度という区切りにおいては、確定申告が必要な方の場合には申請する意味というのも発生してきます。

 

基本的には1年の途中まで働いていたにもかかわらず無職になってしまった場合などは無職であっても働いていた時期までは確定申告をする必要がありますし、医療費控除を受けられる可能性も出てくるということになります。

医療費控除として認められない項目があることも覚えておきましょう

医療費控除が適用されない項目というのもありますので、参考にしてみましょう。

 

まずは人間ドックなどの検診における費用、予防注射の費用、美容整形など美に関する事の費用、漢方薬やビタミン剤などの処方、マイカー通院の際のガソリン代や駐車場代、里帰り出産のための交通費、自分の都合で利用した差額ベッド代金などです。

 

これらは医療費控除として認められない項目になりますので確定申告をする前にはよあらかじめくチェックしておきましょう。

まとめ

無職の方は基本的に確定申告をする必要もありませんし、税金も発生することはありません。そのため医療費控除における還付金の発生も有りませんので申告はしなくて良いというのが基本的な考え方になります。

 

しかし、今現在は無職であっても税金が発生している年度の請求に関しては医療費控除としても申請することが出来ますので、ひとつの事例として覚えておきましょう。

 

損をしないためには、確実に手続きを行う事も大事ですが、必要のない手続きは自分や周りの時間も無駄になりますので、しっかりと確認をして見極めもしていく事が重要になると言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA