お金や日常生活にまつわる知っておきたい情報をお届け!

医療費控除の車代について!ガソリン代や駐車場代、通院にかかった交通費はどうなる?

医療費控除の車代としてガソリン代や駐車場代は認められる?

確定申告のためにと様々な領収書を大切に保管していた方、逆にこれは関係ないだろうと捨ててしまっていた方もいるかもしれません。

無駄なく効率よく集めるためにも、医療費控除の車代(交通費)についてなど知っておいた方が良いでしょう。

年齢を重ねると、危険だからと車を手放して公共交通機関を使って通院する年配の方(お年寄り)も多いですね。公共交通機関の料金などは高齢者だからこその特別料金となるので、若い時ほどは負担はないかも知れません。

 

その一方で、まだまだ車に乗ることも大丈夫と思っていたり、何より公共交通機関があまり発達していないからこそ車を使用せざるを得ない地域の方もいるでしょう。

 

ただし、自家用車を使って通院するとなると、そのガソリン代や駐車場代は医療費控除の対象とはならないので注意しましょう。

自家用車であれば、他にも買い物やレジャーなど様々な場面で使われます。そのため、それが本当に治療の為に使われたかどうか事実が掴みにくいのです。

 

善良な市民ばかりとは限らず、それを悪用して大切な国のお金を取ろうとしてしまう方もいる可能性もあることから、認められないということが法律で決まっているため注意しましょう。

 

公共交通機関であれば問題ありません。また、タクシー代も一部に関しては医療費控除に含められています。

 

お年寄りやお子さんなど自身で病院まで行くのは難しいという方に、付き添いとして付いて行ったのであればその方の交通費もまた医療費控除に含まれることになっています。

 

同じように乗り物に乗って行っても、状況に応じて認められるもの・認められないものとがあるというわけです。

スポンサー リンク

医療費控除の車代として通院にかかった交通費は認められる?

国税庁によると、通院費に関しては医師などの診療を受ける為に直接必要なものであり、「人的役務」への支払いに関してのみ医療費控除の対象になると決められています。

 

「人的役務」というのは、人間が行うサービスのことです。電車やバスの運転手に対して手間賃を支払うような支出であれば対象になります。

しかしながら自家用車を自分で運転するのならば他人のサービスを受けて支出するわけではありません。なので含められないのです。

 

ちなみに、ただの風邪程度であれば交通機関を用いて通院できないほどの大きな病気というわけではありません。なので、タクシー代も医療費控除に含まれるもののこういったケースの場合には対象外となります。

 

税務署では医療費の領収書と照らし合わせしながら、その交通費というのが本当に妥当な物なのかどうかを調べます。風邪程度なら通院するようなことはありません。

 

最近では医療費の領収書にどの科を受診したかまでも書かれていますから、たとえば骨折して松葉杖を突いていたことは整形外科の領収書で分かります。

 

出産間際になってお腹が大きくなっていたのあれば、産科を頻繁に受診していればそれらの記録で分かりますし、何かあっては困りますから公共交通機関なんて使えません。

 

そんな時にタクシーという他人のサービスを受ける車代で病院に向かったのであれば、医療費控除として認められることでしょう。

 

これらの法則を知っていれば、自分自身でも無駄な領収書を何枚も残していて、年末に整理が大変だなんてことは無くなると思いますし、医療費控除の確定申告に合わせて普段から行動をしていけることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA