お金や日常生活にまつわる知っておきたい情報をお届け!

医療費控除にアレルギー検査は適用できる?認められる条件とは

医療費控除のアレルギー検査に認められるもの

現代病ともいえる「アレルギー」に悩まされている方は多いのではないでしょうか。一方でその症状を身をもって感じているもののその種類があまりにも多すぎてしまい自分自身が何のアレルギーなのかいまいち分からず、その対策を適切に行えず困っている方は多いことでしょう。そのような方の中には「アレルギー検査」を受けてみようと考えている方も多いかもしれません。

 

そのような方の多くは、この検査費用をすべて自分で負担しなければならないかが気になることでしょう。

特に、一般的に行われる「アレルギー検査」の内容としては「血液検査」になりますが、その際にうまく思い当たるアレルギーの原因がわからず1回の検査でその理由が明確にならなかった場合にはあれもこれもと調べることになり高額な費用が掛かってしまう点には注意が必要です。

 

ただし、その際には「アレルギー検査」を受けてみてその検査結果から治療が必要であるという判断をされれば、その検査にかかった費用についても確定申告の際の医療費控除の対象になります。

そのため、その際にはアレルギーの薬代の領収書や治療代の領収書と合わせてその検査時に発行してもらった領収書を合わせて保管することが必要です。

 

しっかりと保管したうえで1年分の領収書と必要書類を揃えて確定申告の医療費控除を行いましょう。

 

知らずに申請をしなければその控除を受けることはできません。正しい知識を身に着けてぜひ申告を行ってみてください。

スポンサー リンク

医療費控除のアレルギー検査に認められないもの

「アレルギー検査」を受けてみて、その結果から治療が必要であるという判断を受けることになった場合、その治療費は控除の対象になります。

 

なお、確定申告というとその時期は非常に混雑していて面倒というイメージをお持ちの方も多いかもしれませんが、「医療費控除」などの還付申告時期は1月1日と通常の確定申告時期の開始時期より1月以上早く設定されています。

 

年明けすぐについては比較的スムーズに利用できるので早めの申告がおすすめです。

 

ただし、受けてみた「アレルギー検査」の結果を踏まえた際にその検査結果からも治療が必要であるという判断を受けられなかった場合にはその検査にかかった費用については医療費控除の対象にならない点には注意が必要です。

 

そもそも確定申告の際に行える「医療費控除」は多額の費用が「医療費」にかかった場合に払いすぎた税金を還付してもらうための申告だからです。そのため、基本的にその控除の対象は「治療」です。それゆえに、その検査結果から治療が必要と判断されなかった場合についてはその費用はすべて自己負担になるという点を理解したうえで検査にのぞむのが良いでしょう。

 

ただし、体の不調をそのまま放置しておくのはおすすめできません。もしかしたらアレルギーと思い込んでいたその症状が、大きな病気の初期症状ということも考えられます。

 

そのため、気になることがある際にはぜひとも積極的に「アレルギー検査」を活用することをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA