お金や日常生活にまつわる知っておきたい情報をお届け!

医療費控除における内訳書や内訳表の書き方について解説!参考にできるサイトや便利なツールは?

医療費控除の内訳書や内訳表の書き方はどこを参考にするべき?

医療費控除は年間にかかった治療費や医薬品の購入費などの合計額が原則として10万円を超える場合に利用することができる、所得税の負担を軽くするための制度です。

そのため年間に何度も病院や薬局を利用した結果、支払った金額がこの条件に達した場合に適用されるのが一般的です。

以前は医療費控除を受けるにあたって、病院や診療所、薬局などでもらった領収書をすべて確定申告書に添付しなければならなかったのですが、現在は法令が改正されています。

変更点として申告書そのものには医療費の合計額を所定の欄に記入し、領収書は添付せずに、その内訳書を別途添付するだけでよいことになりました。

内訳表には世帯のなかで実際に医療を受けた人の名前、医療を受けた日付や病院の名称、かかった金額などを、領収書をもとにしながら記入します。

記入の仕方は国税庁が公開している確定申告書作成コーナーというホームページがありますので、このホームページのなかに掲載されている記載例や質疑応答を参考にすると便利です。

公式のものですので内容に間違いがありません。

 

そのほかには確定申告の時期が近くなると、全国の税務署や市町村役場の税務課の窓口では、確定申告の手引きとして冊子化された案内書が配布されます。

もしも自宅のパソコンやスマートフォンからインターネットにアクセスできる環境にない場合には、直接窓口に出向いて、このような冊子をもらってくる方法も有効といえるでしょう。

スポンサー リンク

医療費控除の内約表を仕上げるのに使えるツールについて解説します

インターネットが使える環境下では、国税庁の確定申告書作成コーナーのホームページを開いて、ここから適切な画面を選択し、直接的に医療費控除の内訳を入力すれば、あとは自動的に申告書が作成されるしくみになっています。

ただし年間に病院や診療所での治療や診察を受けたり、薬局で医薬品を購入した頻度があまりにも多い場合には、このような方法でひとつずつ入力するのはかえって手間がかかることがあります。

そこで医療費控除の部分だけ、手間がかかる入力の作業をまとめて行うことができる便利なツールが開発されています。

これも国税庁の確定申告書作成コーナーからダウンロードすることができますが、ツールの名称は医療費集計フォームとよばれます。

このツールはパソコンのバンドルウェアなどでよく目にする表計算ソフトで手軽に開くことができ、一覧表形式になっているのが特徴です。

入力すべき事項は確定申告書作成コーナーを使う場合と変わりませんが、医療を受けた人の氏名、病院や薬局を利用した日付とその名称、かかった金額などの欄がそれぞれ設けられていますので、これらを領収書を見ながら埋めていけば入力が完成します。

作業が終わったものは確定申告書作成コーナーのホームページで読み込みを選択すれば、その内容が適切に画面に反映されます。

なお医療費控除のしくみは最近の法律改正によって以前のものとは違っていますので、過去の年のものを修正申告する場合などには注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA