ネット婚活ビジネスやりがい

ネット婚活ビジネス

サイドビジネスとしてもおすすめなネット婚活ビジネスについてまとめました

ネット婚活ビジネスは結婚したいのにできない男女に気づきと喜びを与えるお仕事です

読了までの目安時間:約 4分

Pocket
LINEで送る

ネット婚活ビジネスの市場について

 

副業としてもオススメな「ネット婚活ビジネス」ですが、具体的なターゲット層=狙うべき業種としてはどのようなものがあるのでしょうか?少しばかり解説していきたいと思います。

 

まずは一般的には「結婚相談所」や「結婚情報サービス」というような直接的に結婚するということをゴールにしたサービスが筆頭に挙げられるのではないかと思います。

 

または結婚するための自分磨きの場所を提供しているようなサービス(異性に認められたい男女が男性や女性としての魅力を高めていきアピールしていくのに効果があるサービス)として、エステなど(最近ではブライダルエステなども聞きます)や、料理教室や各種レッスン、サークルやカルチャーセンターなどの業種も当てはまるのではないかと思います。これ以外にもホテルやレストランなどの独身男女同士の出会いから成婚に至るまでをサポートしているような業種のサービスも該当するのではないでしょうか。

 

「ネット婚活ビジネス」はお客様の潜在的なニーズを叶えてあげるビジネスモデルです

 

現代の日本社会においては昔の「お見合い結婚」のような結婚よりも、恋愛結婚や、はたまた社内恋愛のような出会いから成婚へとつながるケースが増えているようなことが多いようです。義務的な結婚では無く、本当にその人のことを理解しあった者同士で結婚するならばしたいというような風潮が今の若者たちには強いのかも知れません。

 

「ネット婚活ビジネス」ですが、そんな若者たちの「本当は結婚したいのだけれどもできない」というような潜在的な欲求に対して、ある程度の条件や多くの出会いの場を提供していき、ニーズに応えていくことで報酬をもらっていくというようなやりがいのあるビジネスモデルとなっているのです。

 

結婚相手に求める男女のニーズには最近のアンケート結果からも面白い傾向が見られます。女性は昨今では「性格が合うこと」や、「思いやり」、「浮気をしない」などの男性の内面の優しさにスポットを当てて結婚できる相手かどうかを判断することが多くなってきているようです。もちろん、「学歴」や、「職業」、「経済力」などのスペックも結婚する時の相手を見るべき条件として重視しているのでしょうが、それよりもずっと一緒に居て落ち着く相手かどうかということが大事な条件へと変わってきているようなのです。あまり男性の外見は女性はそこまで意識していない傾向もあるようです。

逆に男性の場合は女性の「容姿」を一番に見てしまうことが多いようですね。

 

結婚するうえで「経済力」はあくまでも一つの物差しでしかありません

 

いざ結婚へと踏み切るうえでネックとなるのは「経済力」が一番大きな壁となるようです。特に非正規雇用で働いている男性などは「自分自身の収入では大切な彼女や家族を養っていくことはできないのでは」と心配して、結婚へとなかなか踏み切ることができないのが実情のようです。しかしながら、収入というのはあくまでも結婚をするうえでの条件のなかの一項目にしか過ぎないとも言えます。その他の条件を満たしていて、収入が少なくてもこれからの人生を共に歩んでいきたいと思う相手と巡り合うことができたならば、結婚への道は開かれるのだということは全然あることですし、そのことを認識してもらわなければならないのです。

 

「ネット婚活ビジネス」ですが、非常にやりがいがある面白いビジネスとなっており、お客様にも喜ばれ自分自身も学びながらスキルを身に着けていき成長していくこともできる素晴らしいビジネスモデルとなっているのです。

Pocket
LINEで送る

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

CAPTCHA


カテゴリー
最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
2018年9月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930