ネット婚活ビジネスの可能性とは

ネット婚活ビジネス

サイドビジネスとしてもおすすめなネット婚活ビジネスについてまとめました

時代の流れにあったサイドビジネスである「ネット婚活ビジネス」の可能性

読了までの目安時間:約 4分

Pocket
LINEで送る

ネット婚活ビジネス」という言葉は聞いたことがありますでしょうか?インターネットを使った副業には実に様々な種類の副業が存在していますが、その中でもこれから伸びる市場として可能性があり取り組む価値がある「ネット婚活ビジネス」について当ブログではこれから解説していきたいと思います。

 

インターネットを使った副業として「ネット婚活ビジネス」はオススメです

 

「ネット婚活ビジネス」とはその名の通り、パソコン一台で完結し手軽に稼げるビジネスモデルとなっており、リスクも少ないことからオススメできるビジネスモデルとなっています。あまり知られてはいないのですが、実は婚活ビジネスの市場は将来的に伸びると予想される巨大な市場であるにもかかわらず、いまだ参入者が少なく、需要に対して供給が追い付いていない市場となっているのです。

 

「ネット婚活ビジネス」はインターネットを使った副業となりますが、パソコンを使ったインターネットビジネス業界は「婚活市場」に関わらず年々右肩上がりで伸び続けている市場となっています。ですので、時代の流れにも合っているビジネスだと言えますし、ビジネスにかかる初期コストや、失敗したときのリスクの大きさ、また空いた隙間時間に出来る手間などを考えてもまさに取り組む価値があるビジネスだと言えるでしょう。

 

婚活ビジネスの市場規模は年々拡大しています

 

婚活ビジネスの市場規模ですが、2000年度においては300億円ほどだったと言われていましたが、2007年において「婚活」というキャッチフレーズが誕生した時の調査段階ではなんと2倍の600憶円に拡大したと言われているのです。さらに、注目すべき点としましては、数字では表せない潜在的な顧客のマーケットはそのおよそ10倍以上にも及ぶと言われているのです。

 

 

「婚活ビジネス」と「結婚ビジネス」は似て非なるものです

 

ここで、勘違いしないほうが良い点として、挙式や新婚生活などに関する「結婚ビジネス」の市場は最近ではどんどんとその市場を衰退させていると言われています。「婚活ビジネス」という市場はそんな「結婚ビジネス」の市場とはうって変わり、ビジネスとしての可能性も大きく広がっている市場であると言えます。

 

「結婚ビジネス」は結婚式や新婚旅行などの人生に一度のメインイベントをターゲットにしている市場であり、昨今では低価格挙式なども増えていることから顧客単価の上昇も見込めず、ここ数年においては衰退と低迷を続けている市場となっているようです。

 

しかし、「婚活ビジネス」は再婚や再再婚などのように若いお客様でも、ある程度年齢の高くなったお客様だとしても、結婚を切に希望している男女であればどんな年齢層の男女層でもターゲットになり得るところが「結婚ビジネス」とは異なり注目すべき点だと言えるのです。

 

まさに「婚活ビジネス」はリピーターを狙っていける隙間市場にマッチしている「儲かるビジネス」モデルだと言えるのです。

Pocket
LINEで送る

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

CAPTCHA


カテゴリー
最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930