ネット婚活ビジネスはパソコン一台でできるリスクの少ないサイドビジネス

ネット婚活ビジネス

サイドビジネスとしてもおすすめなネット婚活ビジネスについてまとめました

ネット婚活サービスは既存の婚活サービスとは一線を化した画期的なシステムです

読了までの目安時間:約 4分

Pocket
LINEで送る

これからの婚活サービスにおいてはユーザビリティ(使いやすさ)が求められてきます

 

現代の時代ではインターネットの普及と共にパソコンやスマートフォン一つあれば欲しいものが欲しい時に手に入る大変便利な時代となっています。そんな便利な時代だからこそ、わざわざお客様に交通費を使わせて結婚サービスを提供している店舗にまで足を運ばせ婚活をさせるというような行動はユーザー目線のサービスからは完全に外れていると言えるのではないかと思います。

 

これからの婚活サービスで生き残っていくためにはお客様のことを考えた使いやすさ(ユーザビリティ)が求められてくるのです。

 

インターネットで店舗を構える「ネット婚活サービス」のシステムは画期的

 

このユーザビリティという観点から考えれば、インターネット上に店舗を構える「ネット婚活サービス」のシステムは忙しい若者にとっても使いやすく、全国どこの地域に住んでいたとしても同じサービスを受けることができることから顧客満足度も高いものを与えられる期待が出来ると言える画期的なサービスになっていると言えるのではないかと思います。

 

今までの結婚相談所においてはそれぞれ専属のコーディネーターが付いてきて、またその各コーディネーター1人1人の実力のほどによって成婚する確率にもバラつきがあったというような事実も否めなかったのではないかと思います。しかし、「ネット婚活サービス」という新サービスならば全国統一されたシステムをただユーザーが利用するだけですので、誰が運営したとしても全く同じサービスを提供することができるようになっているのです。

 

この感覚としてはAIの進歩にも似たような感じがあると思います。まさしく今まで人が全部やらなければならなかった事も統一されたシステムに任せることによって人件費の削減とサービスのスピードを高めて顧客満足度につなげている実例だとも言えるのではないでしょうか。

 

費用面の負担も「ネット婚活サービス」であれば利用者は最低限に収めることができます

サイドビジネスを考えていくうえで成功しやすいビジネスの条件は、お客様の本当に困っている問題を解決してあげられるかどうかにかかっているとも言えます。婚活ビジネスの場合、この問題点のゴールは成婚となるわけですが、従来型の婚活サービスの収益モデルですと、成婚に決してつながらないサービス(例・お見合い、初期費用、月額会費)などだけでもかなり高額な経済的負担がまず最初にユーザーの首を絞めてしまっていたという難点があったと言えます。これでは顧客満足度を得るのはなかなか難しかったのではないかと思いますし、結婚相談所などのサービスが縮小しているのもこのような問題があったからだとも言えるのではないでしょうか。

 

ネット婚活サービスであれば基本的にお見合い料などのプロセス料はかかりませんし、さらに婚活ビジネスのゴールでもある成婚時においても利用者さんが成約料などを特に払う必要性なども無いものとなっているのです。まさしく既存の婚活サービスにおける収益モデルとは一線を化した画期的なシステムになっていると言えるのです。

Pocket
LINEで送る

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

CAPTCHA


カテゴリー
最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
2018年9月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930