お金や日常生活にまつわる知っておきたい情報をお届け!

アマゾンで購入した医薬品は医療費控除の対象?セルフメディケーション税制との関係性

amazonで購入した医薬品を医療費控除の対象にする方法

医薬品を購入して医療費控除を受けるためには領収書が必要ですが、amazonでは領収書を発行するシステムが問題となることがあるため注意が必要です。

amazonでは手続きの簡素化や紙資源を節約する目的から原則として領収書の発行は極力行わず、必要な場合は購入履歴のページからユーザー自ら印刷をするという仕組みです。

しかし、これでは『厚生労働省』の定める規約では自ら印刷した領収書は原本として認められないことから適用外となってしまいます。

そんな時のためにamazonでは、申請を行えば郵送で領収書の原本を配送してくれるサービスがあり、送料や手数料は一切かからないので安心して申し込むことができます。

申請方法はメールに注文番号、領収書の宛名、記載金額、送付先を記載してAmazonのカスタマーセンターまで送信するか、急ぐ場合にはFAXでも受け付けています。

受理されると医薬品の場合は所属している薬剤師により領収書が発行され、数日以内に郵送されます。

ただし、支払いにamazonギフト券やamazonポイントを利用した場合は、記載する額面には含まれないことに注意が必要です。

いずれにしても医薬品を医療費控除の対象とするには、どこで購入したのかではなくどの商品を購入したのかが重要であり、日本国内で通用する形式の領収書の原本さえ発行してもらえればamazonを含む外資系のオンライン通販サイトから購入した商品でも基本的には問題ありません。

スポンサー リンク

アマゾンで買える医薬品とセルフメディケーション税制との関係性について

セルフメディケーション税制の対象となるのは厚生労働省から認定された商品であることが前提で、購入先はどこでも対象となります。

一方のアマゾンは日本国内で流通している医薬品を含むさまざまな商品を取り扱っていますが、アメリカを拠点に置いているため法的な枠組みではさまざまなシーンで違いが出ることがあります。

アメリカでは国民にソーシャルセキュリティーナンバーが発行され、クレジットカードの利用履歴なども一元的に管理が行われているため、日本のような紙ベースの領収書が無くても税制の優遇を受けられることがあります。

日本国内ではマイナンバーカードがスタートしたものの、現時点で医療税制において本格的に活用するまでには至らず今後の大きな課題となっています。

また、日本国内の事業者から対象商品を購入する際には全額ポイント払いであっても税制の対象となりますが、アマゾンギフト券やアマゾンポイントは一旦アメリカの本部の収益となることから、前述のようにそれらの分を差し引いた金額しか領収書が発行されないのは致し方の無いところです。

ただし、アマゾンでは他店と比較しても大幅にリーズナブルな価格で商品が提供されているほか、プライム会員になることで特別な割引が適用されたり、アマゾンのクレジットカードで決済を行えばポイントが増量されるほか、自宅に居ながらにして購入手続きから商品の受け取りまで行えるのも大きなメリットです。

これらを総合的に見た場合、ギフト券やポイント分を差し引いたとしてもお得になるケースもありますが、購入する商品や頻度にもよるため、ひとりひとりの状況に合わせて検討したいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA