『婚活』という言葉は実は2007年に生まれた新しい言葉である

ネット婚活ビジネス

サイドビジネスとしてもおすすめなネット婚活ビジネスについてまとめました

『ネット婚活ビジネス』はリスクも少なく今こそ取り組むべきビジネス

読了までの目安時間:約 5分

Pocket
LINEで送る

少子高齢化が進んでいる現代の日本社会においては結婚する人たちの割合も少なくなってきてしまっています

 

現代の日本社会は戦後からの統計として、結婚したカップルの総数が最も少ない時代だとも言われています。

 

この理由としては、少子化の流れによって若者の絶対数が減少しているという理由がまず第一に挙げられます。

 

しかしこの少子化の流れに関しては、また違う別の問題が発生しているということも説明したいと思います。

 

働く女性が増えてライフスタイルが変化してきたことも影響しています

 

その別の問題とは若者たち(特に女性)のライフスタイルの変化や、結婚を人生の第一とはしない女性陣の価値観の変化、また社会に出て働くことを生きがいとするビジネスウーマンの増加が大きな要因としてあると言われているのです。まさしく「結婚」を選択しない若者たち(女性)が社会の変化とともに増えてきたことも少子化の流れに繋がってきているとも言えるのです。

 

女性にとって子供を授かって家庭に嫁ぐことが人生の幸せであるという昔からの価値観はもう古い時代に現代の社会はなっているのかも知れません。

 

女性の「結婚観」の変化が如実に現れているのが現代の日本社会ですし、まさしく現代の女性は自分自身の人生を歩んでいると言えるのではないでしょうか。女性たちも皆「なんのために結婚をするのか」という明確な理由が無くなってしまったのではないかと思います。

 

結婚する人の割合は減ってしまっていますが、結婚したい人の割合は減っていないという面白いデータがあります

 

しかし、女性のこの気持ちの変化とは裏腹に、未婚の男女の結婚したい人のデータの割合は減ってはいないという面白いデータもあるのです。まさにここにこそ『婚活ビジネス』のビジネスチャンスが潜んでいるのではないかと思います。

 

実は未婚の若い男女のうちのほとんど(90%)が「いづれは結婚するつもり」と国立社会保障の人口問題研究所のアンケート調査で回答していることも調査結果として分かっているのです。つまり「結婚をしない」という選択肢が増えていても潜在的にはみんな結婚をしたいと思っているのが現代の日本社会の構造となっていると言えるでしょう。

 

若者たちも「また若すぎるために結婚しない」と余裕を持っていた数年後には「結婚したいのにできない」という状況に陥ってしまうシチュエーションに悩まされているケースが多いようです。

 

まさに現代の時代の『婚活』のムーブメントの背景には「積極的な活動をしなければ結婚できない」というような現代の複雑な結婚事情が潜んでいると言えるのではないでしょうか。

 

現代では日本人男性のおおよそにして5人に1人が生涯未婚であるとも言われています。

 

「婚活」という言葉は意外なことに最近生まれた言葉だったのです

 

『婚活』という言葉ですが、実は意外なことに初めてこの言葉が登場したのは2007年だという事実があります。

 

独身の男女に『婚活』が広まるにつれて、結婚支援サービスのビジネスのニーズも高まってきて現代の日本の社会においては徐々に確立されてきたと言えるでしょう。

 

「ネット婚活ビジネス」は下りのエスカレーターに乗るような成功確率の高いビジネスモデルと言えます

 

サイドビジネスとしてインターネットを使った副業としてオススメな『ネット婚活ビジネス』ですが、これからまだまだ伸びしろがあるネットビジネスだと言えます。

 

必ず「儲かる」とまでは断定出来ませんが、ビジネスの参入障壁としてはリスクも少ないですし、是非にでも興味があれば取り組んでもらいたいと思います。

Pocket
LINEで送る

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

CAPTCHA


カテゴリー
最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
2018年9月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930